三菱UFJ不動産販売新卒採用2020

人を知る

物件ありきではなく、「人」ありきの仕事。 重松 和希

ニーズの異なる売主・買主をつなげる

この仕事を選んだのは、父が不動産業を営んでいる影響が大きかったですね。大学も不動産学部で、宅地建物取引士の資格は学生時代に取得しました。入社以来、個人のお客さまへの営業に携わり、住居探しや物件の売却のお手伝いが主な業務です。最近は自分の目標達成だけでなく、OJTを通して後輩を指導・育成することも重要なミッションになってきました。
不動産仲介業の難しさは、できるだけ高く売りたい売主さまと、できるだけ安く買いたい買主さまといった、ニーズの異なるお客さまをつながなければならないこと。高額な売買だけに、適切に対応しなければなりません。また、現在の案件は三菱UFJ信託銀行、三菱UFJ銀行などからの紹介が多くの割合を占め、グループとして一体的に連携しながら取り組んでいます。

お客さまの笑顔と感謝のお言葉は何よりもうれしい

一方で、不動産売買という、お客さまの人生における一大イベントに携われることは大きなやりがいにつながっています。お客さまのニーズに応えることができ、笑顔で感謝のお言葉をいただけた時の達成感は格別です。
入社2年目に担当した案件で、「マンション物件を査定より高く売りたい」というお客さまがいらっしゃいました。一人暮らしの女性で、売却して得た資金で老人ホームに入ると言われるのです。その資金がないと入居費用の支払いが難しいということでしたので、私も社内外のネットワークを駆使しながら探し、やっと買主さまが見つかりました。自分で売主さま・買主さまを探し出すことができたことに大きな満足感がありましたし、しばらくして老人ホームに売主さまを訪ねたところ、とても喜んでいただきました。その時は、私も本当にうれしかったですね。

お客さまの気持ちを察する“聴く力”が大切

不動産仲介業は物件だけでなく、お客さまは私という「人」を選んでくださるところが大きな魅力だと思います。当社はMUFGという大きな強みがあるため、お客さまからの信頼度は高いのですが、同時に、広範な知識や高いレベルのスキルを求められます。以前は自分の言いたいことを話すだけで精一杯でしたが、最近はお客さまの気持ちを察するために“聴く力”が大切だということがわかってきました。お客さまが何気なく話されたことを忘れず、会話に盛り込んでいくことで、お客さまとの距離を縮めることができます。「あの定食屋はおいしいよ」と言われたら、食べに行ってそのことを話してみるとか。営業としてはまだまだ力不足ですが、知識や営業力をより充実させて、お客さまやグループ会社から信頼される人間になりたいと思っています。