三菱UFJ不動産販売新卒採用2020

人を知る

お客さまの言葉の奥にある“想い”を汲み取ることが大切。 佐藤 栞

自分の提案によりお客さまのニーズに応える

就職活動でさまざまな業界の説明会に参加して、一番興味を持ったのが不動産業界でした。ハウスメーカーのような自社製品販売業にも惹かれましたが、自分の提案によってお客さまのニーズに応えていく不動産仲介業に興味が湧きました。中でも、当社はMUFGの情報網や堅固な顧客基盤に強みがあると感じ、チャレンジすることに。面接では、面接官の方が巧みに私の話を引き出してくださり、自分らしくアピールすることができました。入社1年目は、先輩に同行して、とにかく知識を身につけることからスタート。あわせて、宅地建物取引士の資格も仕事と両立しつつ勉強し、取得することができました。

情報の伝え方・段取りの大切さを学ぶ

入社3年目の現在は、住宅案件の売買をメインに、事業用の高額案件にも取り組めるようになりました。不動産は1つとして同じものはなく、どの提案がお客さまにとって最適なのか判断に迷うこともありますが、上司や先輩にアドバイスをいただきながら乗り越えています。また、お客さまの言葉をそのまま受け取るのではなく、言葉の奥にある想いを汲み取ることの大切さを実感しています。そのためにも、お客さまのお話をじっくり聞くことを心がけています。情報の伝え方や伝える順番も重要です。そうした段取りを間違えると、クレームにもつながりかねません。2年目に取り組んだ案件では、駅から遠く、応募が少ないと思っていた物件に予想外に応募が殺到し、案内希望者の優先順位に苦慮しましたが、金額や支払方法などを詳細に検討し的確に判断できたことで、スムーズに成約に結びつけることができたのです。この経験により、情報伝達の順番や段取りの大切さを学びました。

結婚・出産後もこの仕事を続けたい

案件のご相談から物件のお引き渡しまで、一人で完結できた時は大きな達成感があります。お客さまから「佐藤さんに任せて安心して取引できました」とのお言葉をいただいた時は本当にうれしかったです。今後は、事業用の収益物件などスケールの大きい案件にも挑戦したいですね。また、私は結婚や出産などを経ても、この仕事を続けていきたいと考えています。産休・育休後に復帰したあとも、キャリアを積み上げていき、女性社員のロールモデルになれたらいいなと思います。
就職活動中は「早く内定が欲しい」という気持ちになりがちですが、それでは入社後にミスマッチで後悔することがあるかもしれません。さまざまな業種・職種を見て、自分の性格や能力に合った会社を選ぶことをお勧めします。