三菱UFJ不動産販売新卒採用2019

人を知る

不動産を通して、お客さまの人生に触れる。 岡田 恭平

就職活動中にたまたま聞いた言葉で不動産の世界へ

「不動産は一つとして同じものがない」。その言葉が、この世界に飛び込むきっかけでした。就活ではとにかくいろいろな業種、会社の話を聞いて回りました。そんな中、三菱UFJ信託銀行の会社説明会で、不動産部門を紹介する際に聞いた冒頭の言葉が強く心に残ったのです。「唯一の物件を扱うのだから、毎回違った提案、違った営業ができるんじゃないか」。そう思った時、とても魅力的な仕事だと感じました。
他社の話も聞いた上で最終的に当社を選んだのは、MUFGの銀行や信託銀行などからお客さまの紹介・情報提供があるので、若手社員でも早くから本格的な営業業務を任せてもらえるのではと思ったからです。実際に入社してみると、思っていた以上に自由にやらせてくれるので、驚きましたね(笑)。

営業としての心がけが成約に結びついた

私は現在、営業として3年目で、半年ごとの手数料目標・成約件数目標をクリアし、数字を上げることを期待されています。それに応えるには、まずお客さまとの信頼関係を構築することが大事ですが、お客さまの本音を引き出すのはなかなか難しい。私が心がけているのは、とにかくこまめに会いに行くこと。あいさつやちょっとした書類届けなど、些細なことでも訪ねて行き、顔を合わせる頻度が多くなるとお客さまも気を許してくださいます。人生経験豊富なお客さまが多いので、何度もお会いすることで安心していただけるのだと思います。
それが実を結んだのが、ある住み替えのお客さまの案件でした。住み替えは売り買いのタイミングが難しく、引っ越しの日程なども考えてスケジュール管理をしないと、お客さまの住む家がなくなってしまいます。そこで、頻繁に顔を出して状況確認をする内に、お客さまからも気兼ねなく連絡をいただけるようになりました。最終的にうまくまとまって「今度、新居を見に来てよ」という声をかけていただいた時は、大きな達成感を感じることができました。

懐の深い会社で自分の個性を活かしていきたい

不動産仲介業という仕事には、不動産を通してお客さまの人生に触れられるという楽しさがあります。いろいろな人たちと話したい、新しいことが知りたい、そんな人にピッタリな仕事だと思います。また、当社には決して利益至上主義ではなく、お客さま目線での営業活動が次の取引やより大きなビジネスにつながる、というポリシーがあるように感じます。そんな懐の深い会社だからこそ、自由な社風が育まれているのでしょう。
営業としての今後の目標は、成約されたお客さまから次のお客さまを紹介していただき、それを繰り返すことで、結果的に目標を実現できるような営業になること。そのために、人と話すのが好きという自分の個性をさらに活かして頑張りたいと思っています。